Home>HowTo
デジタルカメラの基本的な撮り方


カメラの操作方法はメーカーや機種によって異なりますが、デジタルカメラの撮り方は同じです。 最初は基本的な4種類の撮り方をマスターしましょう。

A.デジタル一眼レフの撮り方(1枚目) B.デジタル一眼レフの撮り方(撮影条件が同じ2枚目以後) C.コンパクトデジカメの撮り方(1枚目) D.コンパクトデジカメの撮り方(撮影条件が同じ2枚目以後)
B.とD.は同じでコンパクトデジカメがデジタル一眼レフより簡単なのは1枚目だけです。 デジタル一眼レフはレンズを自由に選べて撮影条件に最適化しやすいカメラです。


撮り方が分かったら、A1.〜A10.のポイントを理解しましょう。 サンプルはこちらにあります。

A1.撮るもの(被写体) A2.フレーミング(撮る方向と写す範囲)とパースペクティブ(遠近感) A3.パースペクティブに合ったレンズ A4.撮影条件に応じたPASMモード A5.撮影条件に最適なISO感度 A6.撮影条件に合わせて、絞りとシャッター速度をセット A7.撮影条件により、露出補正をセット A8.フレーミングに合わせて横または縦にカメラを水平にしっかり構える A9.ズーミングしてファインダーに写す範囲が見えるように A10.被写体を捉えて、AFが合焦したら撮りたい位置でシャッター


Q1.A3.〜A7.の設定をもっと簡単にする方法は? Q2.記録画素数(画像サイズ)と画質モードの設定は? Q3.シーンモードやP(自動)の使い途は? Q4.測光モードやオートブラケティングの設定は? Q5.アクティブD-ライティングの設定は? Q6.AFエリアモードの設定は? Q7.ホワイトバランスの設定は? Q8.連写の設定は? Q9.イメージセンサークリーニングの設定は? Q10.ピクチャーコントロールの設定は? Next



Home